事業主旨

文化庁では、芸術家、文化人等、文化に関わる方々を一定期間「文化交流使」に指名し、世界の人々の日本文化への理解の深化につながる活動や、外国の文化人とのネットワークの形成・強化に繋がる活動を展開しています。平成30年度までに、伝統音楽や舞台芸術、生活文化やポップカルチャーといった多様な分野で活躍する芸術家、文化人等、延べ137人と26組(団体)を86か国以上へ派遣しています。

令和元年度文化交流使(海外派遣型)

活動報告

これまでに活動した文化交流使からの活動報告です。

音楽とは何か,を感じる旅

平成30年度文化交流使(長期派遣型)
笠松 泰洋
作曲家
笠松は,文化庁文化交流使に指名され,非西洋の音楽文化を持つ日本以外の地域の音楽家が,自身の民族の伝統

もっと読む

日系移民史を調べること

平成30年度文化交流使(長期派遣型)
田中 功起
アーティスト
今回ぼくが主な活動としたのは日系移民史を調べることでした。「文化交流使」として期待されているのは日本

もっと読む

実演,交流,身体の変化,そして世界の語り芸へ。

平成30年度文化交流使(長期派遣型)
玉川 奈々福
浪曲師・曲師
ヨーロッパから中央アジア,7か国をまわり,実演13公演,ワークショップを4回,その他学生さんとの交流

もっと読む

箏曲が現代に生きる伝統であることを海外に伝える

平成30年度文化交流使(長期派遣型)
米川 敏子
生田流箏曲・地歌 演奏家
この度の文化交流使として活動を行ったヨーロッパにおいて,演目上で特に私が強調致しました事は,地歌・箏

もっと読む