中東,アフリカ,コーカサス,欧州,アジア,オーストラリア, アメリカ

平成28年度文化交流使(長期派遣型)
山田 うん
振付家,ダンサー
  • 派遣国:イスラエル,ジョージア,エストニア,アルジェリア,イギリス,ベルギー,スペイン,スリランカ, マレーシア,オーストラリア,アメリカ
  • 活動期間:2017年3月29日〜9月30日

イスラエルではプロダンサーの教育機関「マスルール」の学生16 人と共同制作&新作発表,新入生審査,ソロパフォーマンス,イスラエル大使館での「日本とイスラエル,身体文化の違いについて」と題してレクチャーを実施。
アルジェリアでは舞台芸術,映像技術,批評を学ぶ大学で一週間のダンスクラス。

アルジェリア・ISMAS(芸術& オーディオビジュアル貿易高等研究所)でのダンス授業後

ジョージアは国立バレエ団,国立劇団,国立バレエ学校でのクラスや公開ワークショップ,TV 出演など。エストニアではカンパニー13 人とスタッフ3 人と合流しタルトウの国立博物館,タリンのババラバで公演。日本のコンテンポラリーダンスは珍しくチケットが即完売となり追加公演も実施。同時開催で和食教室や日本人写真展も開催。エジンバラで「インターナショナルチルドレンフェスティバル」を視察。ロンドンではアクラムカーン,ウィンマクレガー等,第一線のカンパニーのクリエイション現場を訪問。ベルギーでは「フィールドワークス」にて,オランダ在住の楠田健造と新作デュオを制作。また,オランダ在住ピアニストの向井山朋子を含んだ3 人でのパフォーマンスを在ベルギー日本国大使館で開催。

ベルギー 楠田健造との共同制作・新作デュオ『生えてくる』リハーサル風景

スペインではマドリッドでのワークショップ他,カンパニーメンバー川合ロンとのデュオ作品『結婚』が2都市のフェスティバルに招聘されました。
40 度を越す灼熱の野外公演でした。スリランカでは国立芸術大学での共同制作と合同公演,スリランカ軍,伝統舞踊学校でのワークショップ,ペラヘラ祭視察など「伝統舞踊」との交流。マレーシアでは次作の準備を。オーストラリアでは先住民芸術リサーチとダンスの現状を視察。ホノルルではハワイ大学や東西センターでの授業。NY では高橋幸世との「オブジェクトダンス」のワークインプログレス。オフほぼなしの半年間。昨日帰国しましたが荷物を入れ替えてマレーシアに戻り,共同制作を再開します。11 カ国23 都市に種を蒔き芽が出始めた活動はまだ何も終わっていません。芸術活動はすればするほど次が始まります。終わりはなく人生はいつも散らかっています。この旅でますます散らかってしまって一生では足りなくなってしまいました。旅の間一番ホッとした時間は踊り始める3 秒前。名もなきダンサーの身体に帰った瞬間。踊っている瞬間。世界のどこにいても身一つの最高なこと。

イスラエル・マスルールへ委嘱新作『バラード』リハーサル後のフィードバック

マレーシア・サバ州にて,共同制作『People without seasons』宣材写真撮影風景

 

山田 うん プロフィール