藤田 六郎兵衛

平成27年度文化庁文化交流使(長期派遣型)
藤田 六郎兵衛
能楽笛方 藤田流十一世宗家
  • 派遣国:イギリス、フランス、韓国
  • 活動期間:2016年2月23日~3月30日
  • 【出身地】愛知県名古屋市
  • 【生年月日】1953年
  • 【学歴】名古屋音楽短期大学声楽科卒業

昭和28年、十世宗家の孫として名古屋市に生まれ、藤田家芸嗣子となる。4歳にて笛の稽古を始め、5歳にて初舞台。15歳までに、能の主要曲である『鷺乱』『猩々乱』『望月』『石橋』『翁』『道成寺』を異例の若さにて披露。
昭和55年、藤田流十一世宗家となり昭和57年家名「六郎兵衛」を襲名。重要無形文化財(能楽)総合指定保持者。
西洋音楽にも精通し、大学では声楽を専攻。大学卒業後、5年間母校のオペラ研究授業の助手を勤める。ミュージカル『ファンタスティック』で主役エル・ヨガにて出演。
また、平成18年には、能管の鮮烈なる伊吹とポピュラーミュージックとのコラボレーションアルバム『天地悠久』をリリースするなど様々な活動を行っている。

略歴

1985 名古屋市芸術奨励賞 受賞
1993 名古屋芸術祭賞(伝統芸能部門)受賞
2001  ユネスコ世界無形遺産宣言を受けて、パリ・ユネスコ本部にて記念公演に参加
2003 パリ日本文化会館にて詩人シュナイダー氏自身の詩朗読にて演奏
2004 能楽協会初の公式海外公演(ニューヨーク・ワシントン)に参加
2005 愛・地球博にて『能・狂言のすべて 咲き誇る伝統 1000年の時空を超えて』の企画・構成・演出
2011 主宰する「萬歳楽座」が第66回文化庁芸術祭大賞 受賞(演劇部門)
第33回観世寿夫記念法政大学能楽賞 受賞
2012 第65回中日文化賞 受賞
2013 フランス・シャトードゥフェールでの能フェスティバルにて演奏、名古屋能楽堂『やっとかめ能楽舞台』にて企画・構成・演奏(~2014)
2014 Singapore international festival of arts 2014にて野村万作氏、野村萬斎氏とともに『Sambaso/三番叟』を上演

公式サイト

http://www.fujitaryu-noh.jp/