エムパイヤ・ブラス

平成16年度文化庁文化交流使(来日芸術家型)
エムパイヤ・ブラス
金管五重奏
  • 活動期間:2004年6月14日

在住国:アメリカ

1973年結成

主な活動

・ボストン交響楽団の首席トランペット奏者のロルフ・スメドヴィックをリーダーとして結成
・20年以上にわたって欧米、アジアの各地で年間100回以上のコンサートを開き、シカゴ交響楽団、ボストン交響楽団などの主要オーケストラとの共演や夏の音楽祭の常連
・カーネギー・ホール創設100周年記念ガラ・コンサートの冒頭を飾って、ニューヨーク・フィルと共にジョーン・タワーの特別委嘱作品である「ファンファーレ・フォー・ザ・アンコモン・ウーマン」を世界初演
・ルネッサンス、バロック音楽、オーケストラ作品、オペラ、ジャズ、ミュージカル曲まで幅広いレパートリーを持ち、圧倒的な妙技が絶賛を博している。

主な受賞歴

ハーバード音楽協会賞

主な作品

「世界は歌う-エンパイヤ・ブラスのクリスマス」
「ファイヤー・ダンス」
「合唱団とエムパイヤ・ブラウスのクリスマス」