岡田 利規

平成26年度文化庁文化交流使(海外派遣型)
岡田 利規
演劇作家・小説家
  • 派遣国:中国、韓国、タイ
  • 活動期間:平成27年1月12日~3月2日
  • 【出身地】神奈川県横浜市
  • 【生年月日】1973年7月10日
  • 【学歴】慶応義塾大学商学部卒業

97年に演劇カンパニー「チェルフィッチュ」を結成し、以来全作品の脚本と演出を務める。その独自な言葉と身体の関係性を用いた手法により従来の演劇の概念を覆すとみなされ、国内外で注目される。常に方法論を更新し続け、12年『現在地』以降はフィクションへの探求のもと創作に取り組む。国内大学でのワークショップやレクチャーなど、講師歴も多数。

略歴

1997 『チェルフィッチュ』結成。横浜を拠点に活動を始める
2001 「彼等の希望に瞠れ」で現代の若者らしい言葉遣いを台詞に用いるようになる
2004 「三月の5日間」で日常的所作を誇張した身体性を持つようになる
2005 「三月の5日間」で第49回岸田國士戯曲賞を受賞
ダンス作品「クーラー」で「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2005〜次代を担う振り付け家の発掘〜」最終選考会に振り付け家としてノミネートされる
横浜文化賞・文化芸術奨励賞を受賞
2006 ドイツミュールハイム劇作家フェスティバル
”Stuecke’06/International Literature Project in the course of the Football World Cup 2006”に日本劇作家代表として参加
平田オリザが芸術監督を務めるアゴラ劇場の舞台フェスティバル「サミット」のディレクターに就任(07年まで)
2007 新潮社からデビュー小説集「わたしたちに許された特別な時間の終わり」を発表
第56回神奈川文化賞・スポーツ賞/文化賞未来賞を受賞
2008 「わたしたちに許された特別な時間の終わり」で第2回大江健三郎賞を受賞
2012〜 岸田國士戯曲賞の審査員を務める
2013 初の演劇論集「遡行 変形していく演劇論」を河出書房新社より刊行

公式サイト

http://chelfitsch.net

photo by Ⓒ佐藤暢隆