AUN

平成23年度文化庁文化交流使(海外派遣型)
AUN
和楽器奏者
  • 派遣国:タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア
  • 活動期間:2012年1月21日~2月25日

※井上良平、井上公平氏、齊藤秀之氏の3名を「AUN」として指名。

井上 良平
【生年月日】 1969年12月25日
【出生地】 大阪府堺市中区
【現職】 AUN(和太鼓・三味線奏者)
AUN J-クラシック・オーケストラメンバー

井上 公平
【生年月日】 1969年12月25日
【出生地】 大阪府堺市中区
【現職】 AUN(和太鼓・三味線・笛奏者)
AUN J-クラシック・オーケストラメンバー

齊藤 秀之
【生年月日】 1969年7月21日
【出生地】 東京都中央区
【現職】 チャッパソリスト
AUN J-クラシック・オーケストラメンバー

主な音楽活動/受賞歴

AUN (井上良平・井上公平)
カーネギーホール公演(4回)
エミー賞授賞式、世界遺産熊野古道、平等院鳳凰堂、蔵王堂でのライブ
天皇陛下即位10周年記念ライブ、皇太子殿下参列の行事にて演奏
アメリカ・ヨーロッパ・アジア・中近東・南米など、世界30ヶ国以上で公演

齊藤 秀之
鼓童時代、ハリウッド映画の音楽に演奏家として多数参加
鼓童時代、日本ゴールドディスク大賞(邦楽部門)日本レコード大賞特別賞受賞
ノーベル平和賞100周年記念コンサート(オスロ)やサッカー・フランスワールドカップ大会のテーマ音楽に参加するなど、国内外150都市以上での演奏活動を行い、国内外の様々なアーティストと多数共演

経 歴

①AUN (井上良平・井上公平)
井上良平、井上公平の双子ユニット。18歳の時、鬼太鼓座に参加。12年間、座の中心的プレイヤーとして世界各地16カ国、国内外で1000回を超える公演活動を行う。

2000 新しい表現を求め、AUNを結成。太鼓、三味線、笛などの和楽器の魅力を最大限に引き出した新しいミクスチャーミュージックに挑戦。
2006 日本文化継承を伝える活動をニューヨークに広げ、マンハッタンでのライブ活動や、全米各地のフェスティバルへ参加。その年には外務省に招聘され、南米ガテマラ、コスタリカ、コロンビア・ツアーも展開。また、国土交通省「ビジットジャパン・キャンペーン」をプロデュース。そのテーマソングの作曲・演奏を手がけ、日本の伝統を和楽器音楽を通じて世界に発信することに軸足を置き始める。
2008 AUN J-クラシック・オーケストラを結成し、齊藤秀之を含む計8名のバンドとして活動中。(※AUN J-クラシック・オーケストラの活動については下記③参照)

②齊藤 秀之

1987 佐渡島を拠点とする和太鼓グループ『鼓童』に参加。
2004 17年間活動してきた『鼓童』から独立
2005 「鳴物師 秀ーHIDEー」としてソロ活動を開始。太鼓演奏家ではなく、あえて鳴り物師として銘打つのは、チャッパ(小さなシンバル)に関しての演奏の評価が高いことからきている。
現在 日本で唯一のチャッパソリストとしてライブ活動やワークショップ講師として注目されている。全国各地の和太鼓グループでチャッパの存在が増してきている中で、それまでの概念を覆す音色、ダイナミクスを活かした軽快な演奏スタイルは異彩を放つ。
2008 AUN J-クラシック・オーケストラを結成し、井上良平・公平の両氏を含む計8名のバンドとして活動中。(※AUN J-クラシック・オーケストラの活動については下記③参照)

③AUN J-クラシック・オーケストラ

2008 8名(井上良平・公平氏、齊藤秀之氏を含む)による和楽器だけのAUN J-クラシック・オーケストラを結成。
海外で人気の宮崎駿率いるジブリの魅力を和楽器で表現したアルバム「和楽器でジブリ」を発売。また、日本各地に里山を再生する環境保護プロジェクトにも参画。CDの売り上げの一部を寄付し、人々が集まれる里山の再生を目指す。
2010 第二弾アルバム「桜-SAKURA-」をリリース。奈良吉野の桜の保全のために売り上げの一部を寄付する環境への取り組みも積極的に行っている。