安田 泰敏

平成22年度文化庁文化交流使(海外派遣型)
安田 泰敏
囲碁棋士
  • 派遣国:オーストリア、スイス、フランス、ロシア、ヨルダン、イスラエル、モロッコ
  • 活動期間:2010年11月15日~2011年2月28日
  • 【出身地】福岡県中間市
  • 【生年月日】1964年3月1日

略歴

大枝雄介九段門下
1980 初段(プロ入り)
1998 九段昇進
門下に久保秀夫六段
日本棋院東京本院所属
1993 囲碁普及の団体「碁族」主宰。普及法「安田メソッド」を提唱
1994 中学生のいじめ自殺の報道を契機に「ふれあい囲碁」を開始
2008 NPO法人ふれあい囲碁ネットワーク神奈川理事長 就任
ふれあい囲碁は、現在、教育をはじめ、障碍者、老人、医療等の福祉現場や地域づくり、国際交流他、様々なところで活用されており、また、海外でも、アメリカ、フランス、オランダ、イギリスをはじめ、30ヶ国以上の国々で実践されている。

棋戦主要履歴

1985年 棋聖戦四段戦優勝

著書

「ふれあいの囲碁ゲーム」((株)図書文化社)
「子どもと始める囲碁」(岩波書店)
「命を救う「ふれあい囲碁」」(NHK出版)