蓑輪 敏泰

平成22年度文化庁文化交流使(海外派遣型)
蓑輪 敏泰
和太鼓奏者
  • 派遣国:メキシコ
  • 活動期間:2010年9月20日~10月26日
  • 【出身地】宮崎県串間市
  • 【生年月日】1948年5月19日

略歴

1985 串間くるみ太鼓を創設し、演奏をしながら指導に携わる。同チームのジュニアチーム(18歳以下)を指導し、
宮崎県代表として全国大会に4回出場。特別賞を1回受賞する。
2007~2010 JICAのシニアボランティアとしてブラジル各地において太鼓を指導。
2008 ブラジル・サンパウロでおこなわれた日本人移住100周年記念事業において、
1200人による合同演奏を指導。皇太子殿下がご臨席された式典では陣頭指揮で大成功に導く。
2010~2011 ブラジル太鼓協会の要請により、再びブラジルにおいて指導中。

資格

1971年  教員社会中1普、高2普取得
2008年  1級公認指導員認定第43号(2級公認指導員より昇級)

所属団体

串間くるみ太鼓 代表