笑福亭 銀瓶

平成22年度文化庁文化交流使(海外派遣型)
笑福亭 銀瓶
落語家
  • 派遣国:韓国
  • 活動期間:2010年9月30日~10月31日
  • 【出身地】兵庫県神戸市
  • 【生年月日】1967年10月15日

略歴

1988 笑福亭鶴瓶に入門。大阪を中心にテレビ・ラジオ・落語と精力的に活動を行う。
2004 映画「血と骨」をきっかけに、自らの中に韓国の血が流れていることを再認識し独学で韓国語の勉強を始める。
2005 大阪朝鮮高級学校で、初めて韓国語落語を行う。以後、毎年韓国ソウルで公演を行う。
2007 「日韓交流お祭りin Seoul」に出演。韓国語落語に対する周囲の反応は大きく、テレビ東京「ザ・ドキュメンタリー」や、
日本テレビ「プラスワンサタデー」、NHK大阪「おはよう関西」など多数出演。韓国落語では「動物園」「時うどん」「宿題」(作:桂三枝)「犬の目」にチャレンジし、日本語、韓国語ともに今後様々なネタに取り組んでいきたいとのこと。
2008 舞台「焼肉ドラゴン」(鄭義信作/新国立劇場・芸術の殿堂共同制作)にも出演
この舞台は「朝日舞台芸術賞グランプリ」、「第16回読売演劇大賞」を受賞している。

受賞歴

2008年 「繁昌亭大賞・奨励賞」を受賞
2009年 「繁昌亭大賞・大賞」を受賞

出演番組

「テレビ」
朝日放送 「ワイドABC」
毎日放送 「朝ダッシュ」、「板東英二の欲ばり家」、「っちゅ~ねん」
テレビ大阪 「板東英二のGOODスマイル」

「ラジオ」
朝日放送 「岡本昇サンデーワイド」、「銀の日曜玉子」、「銀瓶あみるのマイスイート関西」、「東西南北龍介がゆく」
毎日放送 「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」(現在出演中)

「出版」
DVD・CD「繁昌亭らいぶシリーズ⑨」/DVD「松竹特選落語シリーズ四」

「舞台」
焼肉ドラゴン」(鄭義信作/新国立劇場・芸術の殿堂共同制作)