蜂谷 宗苾

平成21年度文化庁文化交流使(海外派遣型)
蜂谷 宗苾
香道家元後継者
  • 派遣国:フランス、中国、モナコ、イタリア、ドイツ、バーレーン、アメリカ、シンガポール、フィンランド
  • 活動期間:2009年9月30日~2010年3月24日
  • 【生年月日】1975年5月28日

室町時代より二十代五百年に亘り香道を継承し続けてきた志野流の第二十世家元蜂谷宗玄の嫡男として生まれる。

2002年6月より1年間大徳寺松源院泉田玉堂老大師の下に身を置き、2004年玉堂老大師より軒号「一枝軒」宗名「宗苾」を拝受、第二十一代目家元継承者(若宗匠)となる。

現在は、次期家元として全国教場、文化センター及び海外教場等での教授、大学での講演を開催し、海外を含めた各地で啓蒙活動を行っている。また、稀少になった「香木」を後世に残していくためベトナムでの植林活動や、香道の中からエコに対する日本古来の知恵を紐解く、「環境道」と題した講義を続けている。

海外活動歴

 1999 バルセロナ(スペイン) 現地大学内でデモンストレーションを開催
 2003 リスボン(ポルトガル) 現地財団の依頼により「発見のモニュメント」内で講演を開催
 2006 ブッダガヤ(インド) 薬師寺安田暎胤管長に同行。日本人寺にて聞香体験会を開催
在シンガポール大使公邸でデモンストレーションを開催
M.I.T/Amherst College/Smith College/在ボストン総領事館でワークショップを開催
パリ日本文化会館、在フランス大使公邸にてワークショップを開催
 2007 ボストン美術館/Harvard University/在ボストン総領事館でワークショップを開催
ヴェトナム ニャチャンにて植林活動
パリ日本文化会館にてワークショップを開催
2008  日仏交流150周年記念行事としてプティパレにてワークショップを開催
2009  香港大学の招きで、講演と点前のデモンストレーション、ワークショップを開催

役職

2005年~ 池坊短期大学客員講師