Ikuo 三橋

平成17年度文化庁文化交流使(海外派遣型)
Ikuo 三橋
演出家
  • 派遣国:フランス、ベルギー、モロッコ、マダガスカル
  • 活動期間:2006年1月15日~2007年12月14日
  • 【生年月日】1945年12月18日
  • 【学歴】日本大学経済学部卒業

主な活動

1976 パリ国立サーカス学校マイム科講師となる。国際コミックマイムフェスティバル(パリ)主催。
日・仏・韓・伊8人のメンバーによる「MUGONGEKI」カンパニー創立。
1984 横浜において「84ムーブメントシアターフェスティバル」企画実施
1985 「横浜・野毛大道芸ふぇすてぃばる」を企画、プロデュース、出演
1987 「イメージサーカス」大道芸版でフランスを巡演
1991 フランス、スイスの演劇フェスティバルに「イメージCINEサーカス」招待出演
1995 新作「モダン・ダモン」武蔵野芸術劇場にて発表
1996 「横浜アートLIVE96」テント劇場に参加
1998 「パリの道化師フランシスコ」フランスより招へい公演。
厚生省中央児童福祉審議会平成10年度推薦文化財に選定される。
1999 金沢にて「マルセ太郎とフランシスコ」公演。「モダン・ダモン」神奈川県芸術劇場作品として公演。
「モダン・ダモン」下北沢本多劇場公演。
2000 東京都民芸術フェス参加作品テント公演パフォーマンスサーカス「サーカス物語」公演
2002 「イメージCINEMA」演出。「パリの鳥人」横浜公演プロデュース。
11月から2003年2月まで文化庁在外研修員としてパリへ。(80日間滞在)

主な受賞歴

・「木龍ときこり」子供用・日本民話マイム劇 仏国文部省認定作品
・「パリの道化師フランシスコ」日本版 厚生省中央児童福祉審議会
10年度推薦文化財
・ 「モダン・ダモン」 神奈川県芸術劇場作品