平田オリザ

平成17年度文化庁文化交流使(海外派遣型)
平田オリザ
劇作家、演出家
  • 派遣国:カナダ、アメリカ
  • 活動期間:2006年1月3日~3月31日
  • 【生年月日】1962年11月8日
  • 【学歴】国際基督教大学教養学部卒

主な活動

大学在学中の58年劇団「青年団」を結成。
現在は東京・駒場のアゴラ劇場を本拠として活動、脚本執筆のほか演出も手がける。
1989年、日韓併合前夜の漢城(当時、現ソウル)を舞台にした『ソウル市民』を初演、93年にはソウル、釜山公演も行う。『東京ノート』(95年)で第39回岸田國士戯曲賞、松田正隆作『月の岬』(97年)演出で第5回読売演劇大賞最優秀作品賞・優秀演出家賞を受賞。2002年サッカーW杯日韓共催大会の記念事業として韓国演劇人との合作現代劇「その河をこえて、五月」を日本と韓国で上演。

その他の平成17年度文化交流使(平成17年度)