ラーシュ・ヴァリエ

平成15年度文化庁文化交流使(現地滞在者型)
ラーシュ・ヴァリエ
詩人・スウェーデン議会国際課長
  • 派遣国:スウェーデン
  • 活動期間:2004年3月1日~2005年2月28日
  • 【生年月日】1947年生まれ

主な活動

・1972年から1973年、1974年から1976年まで文部省から奨学金を受け京都大学に留学
・1993年から1998年まで日本においてスウェーデン大使を勤める。
・1998年から1999年までリトアニアにおいてスウェーデン大使を勤める。
・2001年からスウェーデン議会国際課長。
・知日派の外交官
・日本の俳句・詩の研究家として著名

主な作品

『日本人の文化・組織』(ストックホルム)(1997)
『スウェーデンから見た日本の素顔』(東京・メイナード出版)(1998)
『種田山頭火句集』(東京・芸林書房)(2003)
『日本語の俳句、世界中の詩歌の最も短い形』(ストックホルム)(2003)

主な受賞

スウェーデン アカデミー賞(1997)、市川市文化賞(日本)(2003)