久門 剛史

平成28年度文化庁文化交流使(東アジア文化交流使)
久門 剛史
美術作家
  • 【出身地】京都府
  • 【学歴】京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了

日常に潜むささやかな事柄から様々な現象や歴史を採取し,音や光,立体を用いて個々の記憶や物語と再会させる劇場的空間を創出している。

2002年よりアーティストグループSHINCHIKAにサウンド担当として参加。

本年は,3月「KYOTO EXPERIMENT京都国際舞台芸術祭 2016 SPRING」での世界初演を皮切りに,世界各国で上演されたチェルフィッチュ新作『部屋に流れる時間の旅』の舞台美術と音を担当したほか,国際的に活躍するアーティスト80組が作品を出展する「あいちトリエンナーレ」にも参加し,活躍の場をさらに広げている。

平成27年度京都市芸術特別奨励者(2015年),日産アートアワード2015オーディエンス賞(2015年),VOCA賞(2016年)。

 

【主な個展】

2013 「shiseido art egg 久門剛史」資生堂ギャラリー、東京
2014 「Quantize」オオタファインアーツ、東京
2015 「Quantize」オオタファインアーツ、シンガポール

 

【主なグループ展】

2004 「神戸アートアニュアル2004 ”トナリノマド”」神戸アートビレッジセンター
2012 「雨とクオンタイズ」アンテナメディア(京都)
「六甲ミーツアート2012」六甲山施設各所
2013 「what(n)ever」コーポ北加賀屋、大阪
「Exchange -種を植える-」国際芸術センター、青森
2014 「私の神さま|あなたの神さま」成安造形大学【キャンパスが美術館】(滋賀)
2015 「still moving」元崇仁小学校(京都)
「マテリアライジング展Ⅲ-情報と物質とそのあいだ」京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2015」六甲山
「みえないものとの対話」三菱地所アルティアム(福岡)
「日産アートアワード2015 ファイナリスト7名による新作展」BankART Studio NYK
2016 「VOCA 2016 The Vision of Contemporary Art」上野の森美術館
「primal lines」オオタファインアーツ
「感覚のあそび場―岩崎貴宏×久門剛史」京都芸術センター
「あいちトリエンナーレ」愛知県内各所

 

【ウェブ】
http://tsuyoshihisakado.com/
http://www.otafinearts.com/ja/artists/tsuyoshi-hisakado/