Archive for 1月 2017

海外における日本文化発信拠点の構築

海外における日本文化発信拠点の構築

オランダ/アムステルフェーンでの「吉田兄弟公演」 スペイン/マドリード・バレンシアでの吉田健一ソロ公演 これまでの活動を通して,「吉田兄弟」という名前の知名度は現在もあり,やり方次第では更なる日本文化の発信,発展に繋げら […]

Read more

文化交流使の経験

文化交流使の経験

日本を出て数か月,シンガポール,ミャンマー,ベトナム,マレーシア,タイ,インドネシアと,他の国の人々と舞台を創るために東南アジアの国々を回る。日本はもう寒くなったのだろうがこちらはどこへ行っても夏。まるで季節が止まったよ […]

Read more

「文化交流使」の37 日が私に遺したもの

「文化交流使」の37 日が私に遺したもの

「藤田さん,スケジュールをひと月空けることは可能ですか?」 3年程前,雑談の中で文化庁の国際文化交流室の方から,そんな質問があった。 「何とかなる月があるかもしれませんね」と軽く答えたことが,じつは,とんでもないことにな […]

Read more

メキシコ,インド,フランス訪問

メキシコ,インド,フランス訪問

私は2015 年9 月から5 ヶ月間,メキシコに滞在した。十年以上も前から,メキシコシティに住む知り合いは「ぜひ来て下さい」と誘ってくれていたが,機会には恵まれず,また自分がそこでどんな活動ができるのかも想像できなかった […]

Read more

長田 育恵

長田 育恵

日本劇作家協会戯曲セミナー研修課にて井上ひさしに師事。2009年に「演劇ユニットてがみ座」を旗揚げし,全公演の脚本を手掛ける。『青のはて -銀河鉄道前奏曲-』(2012)で第16回鶴屋南北戯曲賞に,『地を渡る舟-1945 […]

Read more

笹本 晃

笹本 晃

ニューヨーク在住。10代で渡英,その後米国にて美術,ダンス,彫刻等を学ぶ。個人の心理状況やパーソナリティーの表徴としての癖や習慣に興味を抱くようになり,以後,日常的な行為や手順をテーマにしたパフォーマンス,彫刻,インスタ […]

Read more

久門 剛史

久門 剛史

日常に潜むささやかな事柄から様々な現象や歴史を採取し,音や光,立体を用いて個々の記憶や物語と再会させる劇場的空間を創出している。 2002年よりアーティストグループSHINCHIKAにサウンド担当として参加。 本年は,3 […]

Read more

村川 拓也

村川 拓也

2009 年まで,地点に演出助手として所属。独立後は演出家として活動を開始し,ドキュメンタリーやフィールドワークの手法を用いた作品を様々な分野で発表している。   【略歴】 2011 『ツァイトゲーバー』(F/ […]

Read more

蓮沼 執太

蓮沼 執太

1983年,東京都生まれ。音楽作品のリリース,蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演をはじめ,映画,演劇,ダンス,音楽プロデュースなどでの制作多数。近年では,作曲という手法を様々なメディアに応用し,映像,サウン […]

Read more