Archive for 7月 2015

351日間の旅を終えて

351日間の旅を終えて

私は文化交流使として,351 日間9 か国で活動してきました。訪れた国はスイス,フランス,イタリア,ポルトガル,オランダ,ドイツ,ハンガリー,チュニジア,インドです。 文化交流使のお話をいただいて自分らしい活動の在り方を […]

Read more

文化庁文化交流使フォーラム2015 報告書

平成27年3月6日(金)に政策研究大学院大学(東京都港区六本木)にて開催した、「文化庁文化交流使フォーラム2015」の報告書を以下よりダウンロードして頂けます。 なお、報告書には、当日登壇された交流使の皆さんだけでなく、 […]

Read more

青木 涼子

青木 涼子

略歴 平成26年度文化庁新進芸術家海外研修制度にてイギリス、ドイツで研修を行う。 跡見学園女子大学非常勤講師。 これまでに、湯浅譲二、一柳慧、ペーテル・エトヴェシュ、細川俊夫など世界の主要な現代音楽の作曲家と共同で、能と […]

Read more

小野寺 修二

小野寺 修二

演出家。日本マイム研究所にてマイムを学ぶ。2006年には文化庁新進芸術家海外留学制度の研修員としてフランス に一年間滞在。その後、「カンパニーデラシネラ」を立ち上げる。作品はマイムの動きをベースに台詞(せりふ)を取り入れ […]

Read more

畠山 直哉

畠山 直哉

高校時代は絵画に関心を持った仲間と美術部を設立する。その後、筑波大学に進学し、同大学の視覚伝達デザインコースで出会った大辻清司に写真を学ぶ。 自然・都市・写真のかかわり合いに主眼をおき、各地の石灰石鉱山や工場、採掘現場の […]

Read more

藤田 六郎兵衛

藤田 六郎兵衛

昭和28年、十世宗家の孫として名古屋市に生まれ、藤田家芸嗣子となる。4歳にて笛の稽古を始め、5歳にて初舞台。15歳までに、能の主要曲である『鷺乱』『猩々乱』『望月』『石橋』『翁』『道成寺』を異例の若さにて披露。 昭和55 […]

Read more

矢内原 美邦

矢内原 美邦

大学で舞踊学を専攻。在学中にNHK賞、特別賞など数々の賞を獲得。1997年にダンス・カンパニー「ニブロール」を結成。国内外のダンスフェスティバルに招へいされ、公演を行う。 2005年にはソロ活動「ミクニヤナイハラプロジェ […]

Read more

柳原 尚之

柳原 尚之

江戸時代文化文政期におこった「近茶料理(近茶流)」を継ぐ家に生まれ、大学在学中は発酵食品学を学ぶ。 醸造学の中でも特に酢酸菌・しょう油に造詣が深い。大学卒業後、小豆島のしょう油会社「マルキン忠勇」の研究員として勤務。 そ […]

Read more

吉田 健一

吉田 健一

5歳より三味線を始める。津軽三味線の全国大会で数々受賞し、兄の吉田良一郎とともに「吉田兄弟」として1999年メジャーデビュー。邦楽界では異例のヒットを記録し、現在まで13枚のアルバムなどを発表。2003年の全米デビュー以 […]

Read more